自己破産をして借金だけがなくなった感じ

自己破産をすると一体どのような不利益があるのだろうかと心配していましたが、する前とした後で変わったことと言えば借金の有無だけと言う感じです。自己破産をしたことでブラックリストに載ってしまったわけですから、ローンも組めなければカードも作れないのですが、それで困ることがあるかというと特にありません。

 

お金が借りられないのは不便だろうと思っていたのですが、実際にはそのようなことはなくて借金で首が回らなかった頃は、借金があってそれ以上お金が借りられない状態だったわけなので、借金がなくなっただけでも大分楽なものでした。自分の場合には資産と呼べる資産もなかったというのが、自己破産をしやすかった理由の一つでもあり、失うものもなかっただけに、自己破産はメリットだけだったという気がします。

 

もしも、自分が家を持っていたり手放したくない車を所有していたというのであれば、悩んだのかもしれませんが、資産がなければ特別デメリットもありませんでした。すべての人が借金の清算の仕方として自己破産が良いとは限らないのでしょうが、逆に思っているよりも多くの人が自己破産をしてしまったほうが、手っ取り早く楽になれるのではという印象を持ちました。

自己破産についてアドバイスをされたので

自己破産をする前までは借金がなくなるだけに、デメリットも多いものだと思っていました。それだけに、返済がかなり厳しい状況になっていたにも関わらず、何とか他の方法はないかと模索をしていたのです。

 

色々頑張ったもののどうやっても返済は難しいということになり、債務整理をすることにしました。そこではじめて自己破産のことを詳しく教えてもらうことができたわけですが、自己破産のデメリットと言うのはそれほど大きなものではなく、むしろ他の債務整理と比較をするとデメリットは小さいものだと感じました。

 

資産があるとそれをすべて失ってしまうようでしたので、家や土地がある人は悩みどころかなと言う気がしましたが、そうでなければそこまで恐れるほどではないということがわかったのです。ただ、気持ちの面で自己破産と言うのは人生を失敗したという印象がありましたから、その点だけは最後まで気がかりだったものの、結局他にやり直す術はないということで手続きを進めてもらうことになりました。

 

その結果、借金は見事になくなって平和な日々を過ごすことができるようになったのです。自己破産をしたことで、特別困ることもなかったので今では自己破産をしてよかったと考えています。

投資の失敗も自己破産できた

投資の失敗は自己破産できないと聞いていたので、信用取引で大きな穴をあけてしまった時には本当に絶望をしていました。相場の世界は何が起こるかわかりませんから、借金をしてするようなことは厳に慎むべきであり、最悪の事態が起こっても借金にならないようにすべきでした。

 

しかし、上手く言っていた時期だっただけにイケイケドンドンで取引を繰り返していた結果、まさかの悪材料を直撃して決済ができず大きな借金を抱えてしまったのです。どう考えても返済不能な借金に絶望しかなかったのですが、投資の失敗も自己破産が認められるケースがあるという話を聞いて、弁護士に相談をしてみることにしました。

 

すると、自分と同じようなケースで自己破産が認められ免責になったという人は多いようだったので、自己破産をすることになったのです。本当に大丈夫なのだろうかと免責が認められるまでは不安でしたが、最終的には認められ借金はなくなりました。自己破産をしたことで、信用取引はもちろんのことクレジットカードを作れなくなってしまったなどのいくつかの不便はありましたが、大きな借金がなくなっただけでも気持ちは楽になり、一からやり直そうという気になりました。

参考サイト

  • 債務整理 弁護士

    債務整理を弁護士に相談する流れや手続きの種類、準備しておくべきことなどを紹介。