金融機関に滞納で債務整理

住んでいた場所には、毎月家賃を支払っていました。家賃を払うために、いつも仕事に励んでいたのです。仕事はとても忙しくて充実していたのですが、収入はあまり満足できるものではありませんでした。しかし、やりがいのある仕事であったために、続けていたのです。ある時、職場の財政状況がかなり悪化してしまったことから、給料がさらに下がってしまうことがありました。

 

その結果、家賃を支払うことができなくなってしまったのです。金融機関のサービスを利用して、お金を借りてその場をしのぐこともありました。しかし、金融機関でお金を借り続けることはあまり良くないと感じていたことも事実なのです。しばらくすると、家賃の支払いがうまく行かずに困ってしまったことがありました。

 

その時には、大家さんに相談をしてみたのですがあまり相手にしてもらうことができなかったのです。その代わりに、弁護士に相談をしてみることにしました。すると、滞納で債務整理することができることがわかり、問題を解決することができるようになりました。問題を解決するまでに思っていたよりも時間がかかってしまい気分的にストレスがたくさん溜まりましたが、解決できて良かったです。